様々な方法を用いて行なわれる企業買収とは

オフィス

M&Aとは?

M&Aとは、合併を意味するMergersと、買収を意味するAcquisitionsの頭文字を結びつけた造語です。平たく言えば「企業買収」と同義だと言えます。複数の企業を合併・統合することや、他の企業の株式や事業を買取ることを総称して「M&A」と呼ぶことが一般的となりました。
日本においてもM&Aは一般的となりました。会社価値を上げ、企業経営を良くする・会社分割を試みると言った友好的なM&Aが多いのですが、ライバル会社に攻撃を仕掛けるために株の公開買い付け(TOB)を試みると言った戦略的なM&Aも行われています。
このM&Aはノウハウがなければ共倒れしてしまう可能性もあります。成功を収めている企業の多くはコンサルティング会社の仲介を受けて会社合併などの最終締結を行っています。

企業買収の具体的な方法

売却希望の企業と買収希望の企業のマッチングから始まります。お互いの経営陣が面談によって話を詰めていきながら、買収価格といった条件交渉を行います。第三者割当増資や株式譲渡、事業譲渡といった内容がここで話し合われます。お互いの条件がマッチしたら基本合意契約を締結します。その後、売却企業の経営体質を確認するために買収監査が行われます。経理面での問題がないか、定款と会社登記を照らし合わせ、法務的に問題がないかを時間をかけて確認していきます。
この結果をもとに最終条件に関して交渉を続け、最終的な契約に合意・締結します。契約に基づき株式のデリバリーや決済を行い、企業買収が成立します。経営権の移転に伴う登記や定款の変更などを進めます。株主や一般に公表を行い一連の流れが完了します。

ここもチェック!おすすめ記事一覧

握手

コンサル会社による企業買収サポートの中身を知ろう

企業買収や売却時に利用すべきコンサルティング会社についてまとめています。どのようなサポートを行うのか、利用時の費用相場などをまとめています。これから企業買収を試みる企業担当者必読です。

READ MORE
男性

それぞれの違いを知って正しく企業買収しよう

買収と合併の違いはあるの?どういうように買収を試みるのが一般的なの?というような企業買収の基本についてまとめました。コンサルティング会社の活用方法についてもピックアップしています。

READ MORE

企業買収を行う際の注意点

企業買収を試みる時には、リスクヘッジを必ず行う必要があります。代表例として「買収監査」を基本合意締結後に執行します。これによってリスクの洗い出しを行い、健全な買収になるか否かを精査することも大切です。

企業買収することで得られるメリットTOP5

no.1

会社の資本が強化される

事業譲渡や株式譲渡を受けることで、資本金の増資などが行われます。資本強化や事業面での増強が叶い、会社の営業力なども強化されます。経営陣の刷新も行われるため、新体制の下新しい第一歩が踏み出せます。

no.2

イチから事業を立ち上げる必要が無くなる

事業参入を試みた時、その事業を行う既存企業を買収することで事業投資に費用を掛けることなく経営をすることができます。ノウハウも同時に買収できるため、コストカットが叶います。

no.3

国内シェア1位の座を奪取できる

国内1位の勢力がなくとも、下位または上位の企業を買収することで、事実上国内1位の勢力をつくり上げることもできます。ブランド力の向上などが期待でき、新たな流通を開拓できる可能性が生まれます。

no.4

会社の不採算部門をなくすことができる

売却希望の企業としては、社内の不採算部門を事業譲渡することで、経営体質の改善を図ることができます。工場や設備等も含め譲渡対象にできるため、節税効果も生まれます。

no.5

経営者の継承難を避けられる

経営陣の後継問題はどんな企業でも直面しています。事業譲渡や会社合併をすることで、会社を存続できるメリットが生まれます。条件によっては会社名を残すこともできるため、先代の思いなどを継承できるのも良い点です。

[PR]企業買収専門のコンサル会社を紹介!
事業拡大したいなら要チェック!

広告募集中