コンサル会社による企業買収サポートの中身を知ろう

コンサル会社による企業買収サポートの中身を知ろう

握手

コンサルティング会社のサポート内容

企業買収のコンサルティングを行う会社では、会社譲渡・事業譲渡を検討する企業や、企業買収を検討する企業からの相談などを受けています。また、業界別の企業買収に関するノウハウも揃っているため、異業種買収などを検討する企業もコンサルティングを受けることができます。そのほか、実際に企業買収や事業譲渡、資本提携などの手続きに移行するまでのマッチングや手続きの仲介役も行い、これらの手続きがスムーズに進むようにサポートも担います。

コンサルティング会社を利用する場合の費用相場

企業買収におけるコンサルティング会社へ支払う報酬は、一般的に成功報酬制で、すべての手続きが円満に解決した後の請求となります。この場合の成功報酬は「レーマン方式(成果配分方式)」と呼ばれるシステムを採用しており、売買価格に対する1~5%程度を報酬として請求することが一般的であり、相場とされています。またこの他、公的書類の取り寄せや、買収監査の費用のほか会社登記に関する諸費用などが発生しますので、買収費用・コンサルティング会社への報酬・その他経費など多額の費用がかかることも意識しましょう。

コンサルティング会社に支払う費用内訳

一般的な企業買収を仲介するコンサルタント会社に支払う費用の内訳として、こちらの内容を確認しましょう。まずは、会社間のマッチングに必要な「案件化準備手数料」として30万~50万円程度。会社の事業確認や工場の見学などの下調べのために必要な費用です。この他、話が進んでから発生する「買収監査(デューデリジェンス)」の費用は、会社の規模によっても異なります。もちろん、提携先の監査法人や法律事務所などの介入によっても変動します。これらの他にコンサルティング報酬が買収価格に対するレーマン方式の導入によって売買金額の1~5%が発生します。報酬だけでも最低額として500万円程度は見積もることをおすすめします。

企業買収は専門のコンサルタントに相談しよう

企業買収は、いわば企業間の縁談です。実のあるものとして前進させるためには、企業買収専門のコンサルタントに相談することが大切です。会社間での話し合いが難航し、破談になることも考えられます。それによって経営損失や、企業としての信頼失墜が発生しないよう入念な計画をもって進めることができます。
また、異業種への事業参入のため既存企業の買収を試みる場合でも、的確なアドバイスから企業のマッチングなどすべてを任せることができます。コンサルティング会社は買収ノウハウも持ち合わせているため円満な買収ができることでしょう。

広告募集中