それぞれの違いを知って正しく企業買収しよう

買収と合併の違いとは?

合併とは、2つ以上の会社が1つの会社になることを指しています。また、買収とは、1つの会社が、他会社の株式(議決権株式の過半数)を買取ることや、1事業部門の資産を買い取ることを指しています。

それぞれの違いを知って正しく企業買収しよう

男性

コンサルタントの活用方法

企業買収を専門とするコンサルティング会社に依頼することで、対象となる会社の概要を調査してくれる他、自社のノンネームシート(社名非公開の企業概要書)の作成などを行い買収の手続きが円滑に進むよう仲介役を担います。もちろん、買収に至るまでの事前の相談や経営戦略に関する相談・コンサルティング等も引き受けてくれる事もあります。事業拡大を目論む企業や、浮上した買収話をうまくまとめたいと考えた時にもコンサルタントを活用することをおすすめします。

企業買収のための下準備と心構え

企業買収はそれを達成することが目的ではありません。会社の経営をより良いものとする・企業の問題点を解決するための戦略手段であると捉える事が大切です。企業経営陣に共通してこの認識がなければコンサルティング会社との温度差が生まれ、マッチングが難しくなります。
また、企業でも法務・会計面で問題が無いか確認することが大切です。役員変更など定款に基づく会社登記を怠っていた、会計面で不適切な処理がなされていたなどということがないよう、自社の経営面に関して精査をすることも求められます。

企業買収が成立するまでの流れ

売却希望企業とのマッチングが実った場合、経営陣同士の合意に向けた協議を行います。「売買」に関する基本合意に至ったら、基本合意締結書を作成し買収に向けた協議を更に進めていきます。売却企業の会計や法務に対する監査(デューデリジェエンス・買収監査)を行い、問題が無いことを確認したら条件面での整理・確認を行い晴れて成立合意となります。売却企業は株式のデリバリを行い、買収企業は費用の支払いをおこない、一連の流れが完了します。ディスクロージャーと呼ばれる公開を行い、会社の形態が変わった事のアナウンスも行います。

失敗できない企業買収はコンサルティング会社に相談!

企業買収は失敗すると企業としての信頼失墜につながる他、多額の損失を被る可能性も生まれます。失敗することができないため、慎重に話を進めることができるコンサルティング会社に相談することが大切です。

広告募集中